令和注目のグラビア女優・大間乃トーコがさらけ出す、19歳少女の本気

©株式会社東京ニュース通信社

Hカップの迫力バストとベビーフェイス。青森出身、10月5日デビューの大間乃トーコ。青年誌をジャケ買いするほどのグラビアマニアであり、好きという思いが高じて自らグラビアデビューを果たした注目の逸材だ。その大間乃が、事務所に所属してちょうど1年というタイミングで、セルフプロデュースによる妄想ファースト写真集「少女未遂」を10月4日に発売することが決定した。

昭和という時代、そしてアングラ系の世界観にひかれるという大間乃が、セーラー服、ジャズ喫茶、古民家、銭湯などで魅せる、どこか安らぎと懐かしさを感じさせるエロティシズム。妖しげな空気感を漂わせる秘宝館では、まるでアートのような圧巻の水着グラビアを披露している。さらに、ラブドールたちとの共演ではフィギュア然とした、彼女の美しさと透明感が際立つ、まさに傑作ともいえる写真のオンパレード。

2019年後半、一番アツい注目を集める大間乃トーコの心の表と裏。見てはいけない世界をのぞき込んだ気分にさせる妖しげな世界観の中で白く輝く肢体をさらけ出す、19歳の少女の本気──。まさに未発達で、未開発な彼女の表現は、最初で最後の“少女未遂”な1冊となっている。