パトカーと衝突の5歳男児死亡

運転の警察官、書類送検へ

©一般社団法人共同通信社

 8月に横断歩道を歩いていた男児(5)が緊急走行中のパトカーにはねられ、意識不明の重体となった事故で、警視庁は13日、男児が同日午前に死亡したと明らかにした。パトカーを運転していたのは新宿署の男性巡査部長(51)で、警視庁は自動車運転処罰法違反(過失致死)の疑いで書類送検する方針。

 事故は8月18日午前、東京都千代田区の交差点で発生。パトカーがサイレンを鳴らし赤色灯をつけて赤信号の交差点に進入し、青信号で横断歩道を渡っていた男児をはねた。男児は病院に搬送されたが、意識不明となっていた。