阪神のメッセンジャー投手が引退

不振で決断、通算98勝

©一般社団法人共同通信社

阪神のランディ・メッセンジャー投手

 プロ野球阪神は13日、通算98勝のランディ・メッセンジャー投手(38)が今季限りで現役を引退すると発表した。同日に本人から申し入れがあり、了承した。来日10年目の今季は3勝7敗、防御率4.69と不振だった。

 谷本修球団本部長によると、1軍復帰を目指して先発した12日の2軍練習試合で振るわず、「思い通りにならなかったということで、潔くユニホームを脱ぎたいという申し出があった」と話した。引退後のポストについて今後協議するという。

 米大リーグのマリナーズなどを経て2010年から阪神でプレー。プロ野球通算262試合に登板し、98勝84敗、防御率3.13。

5月、DeNA戦で2年ぶりの完投勝利を挙げた阪神のランディ・メッセンジャー投手=甲子園