中国、米大豆20万トン購入

貿易協議へ歩み寄りか

©一般社団法人共同通信社

米中西部ノースダコタ州の畑で、大豆の生育を調べる農家=8月(ロイター=共同)

 【ワシントン共同】米農務省は13日、中国に輸出する米国産大豆20万4千トンの買い付けがあったと発表した。中国政府が米農産品の輸入手続きを再開しており、10月初旬の閣僚級貿易協議を前に、米政権に歩み寄る姿勢を示したとみられる。

 ロイター通信は12日、複数の中国企業が60万トン以上の購入契約を結んだと伝えた。最近では最も大きな取引量になるとしており、中国が本格的に購入を再開した可能性もある。

 中国の国営通信新華社は13日に大豆など主要農産品を報復関税の対象から外すと報じた。トランプ米大統領は「中国は農産品を大量購入するだろう」と期待感を示していた。