年間数万円の節約も!プロが勧める省エネ最新住宅設備

©株式会社マネーフォワード

暮らしを便利に、快適にしてくれる住宅設備は日進月歩を続けています。イマドキの設備は、「水を使わない」「電気が節約できる」などの省エネ性能が進化し、デザイン性が高くて使いやすいだけではなく、水道光熱費もグンと下がるようになっています。

この連載では、リフォーム情報サイト「SUUMOリフォーム」の福澤佳恵編集長が、リフォームについてのノウハウをお届けします。今回は、その中でも特に注目の設備をご紹介します。


普通に使うだけで節水できるキッチン

一般的に、キッチンをリフォームする費用の目安としては、位置はそのままで新しいキッチンに交換した場合は約125万円。独立型をオープンな対面式に交換するなど、壁を取り払う工事費なども含むと、約160万円です。キッチン設備をまるごと換えると結構な金額になりますが、設備の一部(水道だけ、食洗機だけ、ガスコンロだけなど)を換えることもできます。

従来のシングルレバー水栓から、最新設備の「空気を含む吐水(とすい)の水栓」に換えると、勢いはそのままで、水の量を約3分の1に削減できます。年間約1万4,900円のコストダウンになります。洗う感覚を損なわずに節水・節湯できるのが最大のメリットです。

普段キッチンの水栓を使うとき、レバーの位置はなんとなく真ん中になっていませんか。 実は、レバーの位置が真ん中にあると、少しお湯が入っています。そうすると水だけでいい場合も、無意識にお湯を使っていることになるのです。

最新設備の「クリック感のあるレバー水栓」に換えると、水とお湯の境目がカチッとなり、お湯に切り替えたことがわかるので、今まで「何気なく出していたお湯」を出さなくて済みます。また水量の調整もしやすくなるので、無駄な吐水もなくなり、ガス代と水道代の節約になります。年間約8,600円のコストダウンが見込めます。

ガスレンジや食洗器でも省エネ

レンジフィルターの掃除はついつい後回しにしてしまい、重い腰を上げてようやくやる、なんてことはありませんか。最新のガスレンジのレンジフィルターは、従来のものと比べ、画期的に掃除が簡単です。

気合いを入れてゴシゴシ洗うとかなりの水を使いますが、最新設備では、防汚加工された金属プレートを洗うだけ。掃除にかかる時間を大幅に短縮することができます。水の量は年間約192リットルもダウンします。

ガスレンジを自動で洗浄できる機能付きなら決まった湯量で洗えるので、手洗いよりも節水が可能。また、自動火力調節付きのガスコンロは適切な温度をキープしてくれるので、かぼちゃの煮付けを焦がしちゃった!なんてこともなくなります。

イマドキの食洗機は「重曹洗浄コース」がついているものもあります。これは、人体に無害な重曹の洗浄力を活かし、低温のお湯で洗うので、ガスの使用量を節約できます。年間約1万7,000円のコストダウンになります。油汚れが気になって予洗いをしていた場合は、水の量も節約できます。

このように、「言われてみれば、無意識に水やお湯を出し過ぎちゃっていたな……」と思う瞬間がなくなり、普通に使っているだけで光熱費を下げてくれるのです。

お湯が冷めにくいシステムバス

浴室のリフォームでは、浴槽やシャワーの選び方で節約を実現することができます。浴槽や床の掃除もかなりラクになります。

漬かり心地は変わらず、使用する湯量が少ない浴槽も開発されています。浴槽の中に段差やアームレストをつくることで段差がつく分、水量が抑えられますが、たっぷりとした浸かり心地は失われません。このような節水形状の浴槽は、水の使用量が年間約50杯分のダウンになります。

寒い家だと温度が下がって、冬場には家族が入るたびに追いだきをしてしまうことがあります。このような場合、浴槽だけでなく、お風呂のふたにも断熱材を使うことで、よりお湯が冷めにくい仕様になります。従来の浴槽と比べて年間でガスの使用量が約3分の1に抑えられ、年間約4,300円のコストダウンが見込めます。

また、節水型のシャワー&水栓にすると、年間約2万0,800円のコストダウンが可能です。空気を含ませて水を大粒化した新技術や、簡単操作で自然と節水できる機能も開発されています。普通に使うだけで節水になる優れものです。

少ない水でしっかり流せるトイレ

最後にオススメしたいのは、トイレ。壊れないとなかなか換える気にならないかもしれませんが、実は「壊れなくても換えたほうがいいです!」と一番オススメしたいが、トイレです。

リフォーム費用は比較的安い割に、節水・節電などの省エネだけでなく、汚れのつき方や省スペースにもなるなど、かなり快適になります。

使用時のみ便座や洗浄水を温めてくれる省エネ機能付きトイレは、“必要な瞬間だけ”電気を使って節約できます。約30年前と比べると約80%も電気代の節約になり、年間約7,300円のコストダウンが可能です。

洗浄機能が高いタンクレストイレなら、汚れが落ちやすいよう表面を加工してあるので、掃除も簡単。便器に汚れがつきにくいと、少量の水で流せます。大きいほうを流す場合、約30年前の13リットルと比べると、3分の1以下の3.8リットルしか使いません。年間約1万5,000円のコストダウンができます。

TOTOのネオレスト

設備リフォームで暮らしをもっと快適に

リフォームするタイミング=故障した時ではなく、「使いづらいな」「不便だな」と感じた時をオススメします。もし今、20年以上前の古い設備を使っているのなら、最新のものに換えると、光熱費も使いやすさも画期的に変わります。

今回ご紹介したのは、最新設備の一部です。掃除のしやすさや省スペース化など高機能化がグングン進んでいますので、費用面だけでなく、総合的にぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

設備のショールームへ行けば、カタログだけではわかりにくい実際の大きさなど、実物を見て確かめることもできますよ。