ローマ法王来日 テーマと公式ロゴ発表

©株式会社長崎新聞社

ローマ法王の来日テーマを表した公式ロゴマーク(日本カトリック司教協議会提供)

 日本カトリック司教協議会(会長・高見三明長崎大司教)は13日、ローマ法王フランシスコの来日に合わせて使用するテーマ「すべてのいのちを守るため~PROTECT ALL LIFE」と公式ロゴマークを発表した。
 テーマは法王が2015年に発表した信者向けの公文書から引用した言葉。平和のために祈り、働く決意を表しているという。ロゴマークは、それぞれ日本、殉教者、聖母マリアを表す緑、赤、水色の3種類の炎を、太陽をイメージした赤い円が包み込む構図で、法王のシルエットと組み合わせた。
 同協議会は特設ウェブサイトを開設。長崎市の県営ビッグNスタジアム(11月24日)と東京ドーム(同25日)でのミサの参加を受け付けるほか、行事やミサの内容などの情報を随時発信する。