大鰐観光りんご園/町内3カ所で営業スタート/保育園児が収穫楽しむ

©株式会社東奥日報社

おいしそうなリンゴを見つけて手を伸ばす園児ら

 青森県大鰐町の「大鰐観光りんご園」が9日、町内3カ所で今季の開園を迎えた。初日は同町の蔵館保育園園児15人が招待され、つがるの収穫を楽しんだ。

 町内リンゴ農家でつくる「大鰐観光りんご園協議会」(山田敏彦会長)が、毎年9月上旬ごろから11月中ごろまで、リンゴもぎを実施している。この日は「星野リゾート 界 津軽」隣接の山田薫さんの園地で開園式を行い、山田会長らのあいさつに続き、津軽三味線演奏や関係者によるテープカットで祝った。園児らはその後、「リンゴがいっぱいだ」などと歓声を上げながらもぎ取った。松岡義仁ちゃん(6)は「いっぱい取ってうれしい。持って帰ってみんなで食べる」と喜んでいた。

 リンゴもぎはこの日の園地のほか、国道7号から近い長峰地区の2カ所で、前日までの予約制で行っている(有料)。リンゴ園の場所の地図や各園の連絡先などは、町ホームページ(http://www.town.owani.lg.jp/)に載っている。問い合わせは山田会長(電話090-2026-0666)へ。