爆笑問題・太田、サザン復活を暴露しかけて桑田に怒られた

©株式会社光文社

9月11日放送の『太田松之丞』(テレビ朝日系)に、爆笑問題の太田光が出演。自身の「口の軽さ」について、エピソードを明かした。

いつも「口が軽い」と言われてきた太田だが、本当に秘密にしようとした話もあったという。

太田は「ほんっとに自分で耐えたのは、桑田(佳祐)さんが、サザンが活動休止になって何年かして、『実は今年復活するんです』って俺にだけメールでくれたとき。ほんっとに周りの、(相方の)田中にも誰にも言わなかった」と語る。

しかし、復活への嬉しさのあまり、一度だけミスを犯したという。

「当時、『笑っていいとも!』のレギュラーだったんだけど、カラオケで俺が歌って、そこに(番組の)提供が入るっていう、俺が気に入ってるコーナーがあったのね。サザンの歌をそこで歌ったわけよ。そのときに思わず『今年はサザンの夏だ!』って言っちゃったんだよね」

だが、桑田から、その後すぐメールが来て、「言うんじゃねえって言っただろ!」と冗談交じりにお叱りをうけたという。

もともと太田はサザンの大ファンで、桑田ともよくメールしている。2018年6月17日の『爆笑問題の日曜サンデー』(TBSラジオ)では、結成30周年を迎えた爆笑問題に桑田がコメントを寄せた。

「よくご自分たちでも話されてますけど、うっすら暗い青春を過ごされたんでしょ、お2人とも。僕もそうなんです。コンプレックスっていうのがやっぱりあって、モテたいけどモテなかったっていうのが、私もまったく一緒でね。だからサザンオールスターズも、たぶん細胞は一緒なんじゃないかと思うんです。なんか、昇華されたコンプレックスがサザンであり、負け犬の遠吠えが爆笑問題である、みたいな」と、桑田は親近感を語っている。

お互いにリスペクトしあっているサザンと太田。今後、太田の言動をチェックしていれば、サザンのマル秘情報に気づくことができるかもしれない。