熊本城マラソン“フル登録”2万5355人 競争倍率1.95 前回から200人減

©株式会社熊本日日新聞社

 来年2月16日に開催される第9回熊本城マラソンの出場申し込みが13日、締め切られた。定員1万3千人のフルマラソンには2万5355人がエントリーした。

 2万5552人が申し込んだ前回大会から約200人減り、競争倍率は1・95倍となった。内訳は男性1万9976人、女性5379人。

 約4割に当たる1万65人が熊本県外からの応募で、「初挑戦枠」(定員3千人)は5328人だった。

 3キロの復興チャレンジファンラン(同1500人)は1878人、熊日30キロ(同150人)は66人が申し込んだ。

 初挑戦枠は抽選を終え、当選者には11日に連絡済み。そのほかのフルとファンランの抽選結果は10月上旬、メールで通知する。

 大会実行委員会事務局は「他都市のマラソン大会との競合もあり、エントリー数が落ち着いてきたのではないか」と話している。(松冨浩之)

(2019年9月14日付 熊本日日新聞朝刊掲載)