TEAM SHACHIを操るゲームも登場!?「『ロックマン ゼロ&ゼクス ダブルヒーローコレクション』&ロックマンシリーズ スペシャルステージ」レポート【TGS2019】

©株式会社イクセル

千葉・幕張メッセにて9月12日より開催の「東京ゲームショウ2019」。9月12日に、カプコンブースで行われた「『ロックマン ゼロ&ゼクス ダブルヒーローコレクション』&ロックマンシリーズ スペシャルステージ」の模様をレポートする。

はじめに土屋氏から、PS4/Xbox One/Switch/PCで発売される「ロックマン ゼロ&ゼクス ダブルヒーローコレクション」について紹介が行われた。こちらは、「ロックマン ゼロ」シリーズから4作品、「ロックマン ゼクス」シリーズから2作品の合計6作品がカップリングされたコレクションだ。

写真左から、シリーズプロデューサーの土屋和弘氏とロックマン ユニティ管理人のウッチー氏。

「ロックマン ゼロ」シリーズは、人気の「ロックマンX」シリーズから数百年後の世界を描いた作品である。主人公は、「ロックマンX」でも活躍したゼロだ。すっかり変わり果ててしまった世界で目覚めたゼロが、抑圧されたレプリロイドたちのために奔走するという物語になっている。

多彩なアクションとスピーディーなゲーム性を両立させた、究極の2Dアクションゲームともいえる作品だ。

「ロックマン ゼクス」シリーズは、「ロックマン ゼロ」シリーズからさらに数百年後の世界を描いた作品だ。主人公のヴァンとエールの好きな方を選んで、スタートすることができる。探索的な要素が沢山盛り込まれており、アクションゲームでありながらアクションRPG的な楽しみ方ができるのが特徴だ。

このように、若干異なるタイプの2シリーズがセットになっており、それだけでもかなりお得な感じになっている。

■ギャラリーは650枚以上、楽曲は200曲以上収録!

せっかくの東京ゲームショウということで、「ロックマン ゼロ&ゼクス ダブルヒーローコレクション」プロデューサーの竹中司氏による実機デモプレイも行われた。コレクションタイトルと言えば、「ギャラリー」がお目当てという人も多いことだろう。今作では、650枚以上の画像が収録されている。少なくとも、「ロックマン ゼクス」シリーズでこれだけのギャラリーが集まっているのは、今作だけだと竹中氏はいう。

もちろん「ミュージックプレイヤー」も用意されており、こちらには、なんと200曲以上が収録されているそうだ。

「ロックマン ゼクス」シリーズは画集も出ていないので、かなり貴重だ。

今回は新要素として、「カジュアルシナリオモード」と「アシストセーブ」モードが追加されている。「カジュアルシナリオモード」は、若干難易度が下げられており、昔遊んだ懐かしいステージやボスのところまで行けるように調整されたモードだ。

「アシストセーブ」のほうは、ステージの中にセーブポイントが沢山作られているモードだ。たとえば中ボスなど、復帰ポイントがかなり前にまで戻ってしまうようなところでも、すぐに復帰することができるようにしたものといった感じだ。

フィルターも切り替えが可能で、今風の滑らかな表示の他、昔ながらのドット絵風にすることもできる。画面レイアウトも変更でき、オリジナル環境を再現することも可能だ。

見た目も含めて、かゆいところに手が届く作りになっている。

「Zチェイサー」では、「シングルチェイサー」「ダブルチェイサー」「WWレコードチェイサー」の3つのモードが用意されている。「ダブルチェイサー」は、コントローラーをふたつ用意して、ローカル対戦が楽しめるモードだ。ただし、Switch版の場合はJoy-Conではボタンが足りないため、別途「Nintendo Switch Proコントローラー」などを2セット用意する必要がある。

「WWレコードチェイサー」は、自分が出したタイムをオンラインのランキングボードにアップロードできる機能だ。ランキングボード1位のデータをダウンロードして、対戦することもできる。また、2以下のデータもリプレイで見られるようになっているので、攻略の参考にもなりそうだ。

CPUと競う「シングルチェイサー」では、カプコンの腕自慢が数ヶ月をかけて作られたものである。

■限定特典やイーカプコン限定版の情報も公開!

購入者には、ダウンロードコンテンツとして新規アレンジのBGM10曲が追加される「ロックマン ゼロ&ゼクス アルティメットリミックス」がプレゼントされる。こちらは、パッケージ版の場合は数量限定特典で、ダウンロード版は予約特典で入手が可能だ。いずれにせよ、絶対に欲しいという人は早めに予約をしておいたほうがいいだろう。

発売は2020年1月23日だが、ショップ別の数量限定特典も用意されている。中には中山徹氏による描き下ろしイラストが採用されたものもあり、どこのお店で買うかというところも悩みどころだ。

さらに、イーカプコン限定版も用意されている。こちらには、半分がゼロ、半分がゼクスの胸像が付属している。素材はPVCの予定で、サイズ的にもデスクにおけるようなものになるそうだ。

また、中山徹氏による新規描き下ろしのアクリルアートパネルが付属しているほか、購入者特典として限定版に限らずゼットセイバーアクリルキーボルダーがプレゼントされる。

TGS出展記念で、ツイッターキャンペーンも実施中だ。こちらは、ロックマン公式ツイッターをフォローし、キャンペンツイートをリツイートすることで、「ロックマン ゼロ&ゼクス ダブルヒーローコレクション」オリジナルQUOカード1000円分が100名にプレゼントされる。応募期間は9月末までだ。

ロックマンシリーズタイトル5本と、グッズが専用BOXに収録された「ロックマン&ロックマンX 5in1 スペシャルBOX」も、12月19日にPS4とSwitch向けに発売される。価格は9,990円(税別)だ。こちらには、「ロックマン11運命の歯車!!」の縮刷版台本とROCKMAN 30thアクリルスタンドが付属している。

■TEAM SHACHI&MCUさんがスペシャルゲストで登場!

会場内にTEAM SHACHI×ロックマンによるコラボ曲「Rocket Queen feat. MCU」が流されたあと、スペシャルゲストとしてTEAM SHACHIとMCUさんが登壇した。ちなみにこのコラボが生まれたきっかけは、昨年開催された「ロックマン30周年記念ライブ」だという。そのときの縁で、TEAM SHACHIのスタッフからロックマンとコラボして特別な映像を作りたいという相談があったという。

話をしていくうちに、ゲームを作ってそれをMVにしたいというアイデアが出た。「本当にできるのか」という話しをしていたが、出来上がってしまったと土屋氏は語った。

楽曲を作る時点ではゲームの話しは出ていなかったそうだが、曲が完成したあとで「ゲームを作っちゃおう」というノリで完成した。その話を聞いていたMCUさんは、「うらやましいかぎりですよね。ロックマン俺の方が好きだからね」と、ゲーム好きをアピールしていた。

記念撮影終了後、MCUさんが披露したのはDr.ワイリーの土下座だ。中でも「ロックマン3」のワイリー土下座が一番早いのだという。

ワイリー土下座を実演するMCUさん。

TEAM SHACHIとのスペシャルコラボゲームは下記でプレイ可能だ。対応OSはiOS10以上またはAndroid8以上で、ChromeまたはSafariが推奨されている。ぜひキミも、自分のスマホでこのスペシャルなゲームをクリアしてみよう!

ROCKMAN20XX - 戦え!TEAM SHACHI
https://rocketqueen.games/

(C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.