畠山「幸せな野球人生」 晴れ晴れ引退会見

©株式会社岩手日報社

19年間のプロ生活を振り返りながら引退への思いを語るヤクルトの畠山和洋。左は館山昌平=東京都内の球団事務所

 【東京支社】今季限りで現役を引退するヤクルトの畠山和洋内野手(37)=専大北上高=と館山昌平投手(38)が13日、東京都内の球団事務所で記者会見を行った。畠山は晴れ晴れとした表情でプロ生活19年間を振り返り、本県の球児にメッセージを送った。

 「このたびは私の37歳の誕生日パーティーにお越しいただきありがとうございます」。誕生日と引退会見が重なり、開口一番に報道陣を笑わせた畠山。「本当に幸せな野球人生だった」と穏やかな笑みを浮かべた。

 館山とともに「後悔は全くない」と強調。ともに引退後は未定としながら、将来的には指導者への意欲をにじませた。畠山は岩手の球児へ「岩手も高い目標が立てられる環境になった。プロになる強い気持ちで野球に打ち込んでほしい」とエールを送った。