電気水道使わず避難体験、和歌山

小学生が地震想定し24時間

©一般社団法人共同通信社

体育館でパーティションの設営訓練をする児童ら=14日午後、和歌山県有田市の市立港小

 南海トラフ巨大地震で津波被害が想定される和歌山県有田市の市立港小で、「電気・水道絶対に使ってはいけない避難所生活24時」と銘打ち、5、6年生約50人が24時間避難所生活を送る訓練が14日、実施された。

 地元青年会議所の坂本智昭さんが、市民の防災意識向上のため「子どもらが体験した訓練を大人に伝えてもらおう」と考え、防災教育に取り組む和歌山大の今西武客員教授らと企画した。

 訓練は、災害による長時間の停電で電気や水道が使えない状況を想定して15日にかけて実施。手洗いや飲み水は給水車の水を使い、昼食は陸上自衛隊の炊事トレーラーで作られた豚汁やおにぎりを食べた。