千葉大規模停電、16日で1週間

依然14万戸、家屋応急処置急ぐ

©一般社団法人共同通信社

台風15号の被害にあった住宅で、屋根にブルーシートなどを張る作業をする地元建設業者やボランティアの人たち=14日午後、千葉県館山市

 台風15号の影響で大規模停電が続く千葉県では14日、住民らがボランティアの手を借り、雨に備えて家屋の応急処置を急いだ。停電発生から16日で1週間となるが、14日午後9時現在で依然約14万戸が停電しており、東京電力は1万6千人態勢で復旧を急ぐ。停電や通信環境の悪化で自治体による家屋損壊など被害の全容把握も遅れている。

 現地を視察した赤羽一嘉国土交通相は、復旧の妨げとなっている倒木除去を進めるため建設業界にさらなる協力を求める考えを示した。

 千葉県によると、14日時点で家屋の一部損壊が約1200戸あることを把握、うち君津市が半数程度を占める。

台風の影響でガラスが割れて飛び散ったカーネーション農家の温室=14日午後、千葉県南房総市