強い雨警戒、千葉の各地で備え

大規模停電続く

©一般社団法人共同通信社

千葉県館山市役所で、届いた支援物資の荷降ろしをするボランティアら=15日午前9時ごろ

 台風15号で大きな被害を受けた千葉県では15日午前10時時点でも、なお約13万戸が停電している。東京電力は1万6千人態勢で復旧に当たっているが、県全域の復旧には2週間程度かかると見込まれており、住民の負担は続く。被災地域では15日夜から16日にかけて雷を伴う激しい雨が予想されており、駆け付けたボランティアも協力して、各地で備えを急いだ。

 館山市役所には15日午前、各地から支援物資が運び込まれた。市職員やボランティアが集まって役割分担を確認し、活動を始めた。災害対策本部によると、仙台市から駆け付けた屋根工事の職人がブルーシート張りで地元の業者らと協力した。