シード坂井、丹生にコールド勝ち

©株式会社福井新聞社

第143回北信越地区高校野球福井県大会1回戦・丹生―坂井 八回1失点と好投した坂井の先発・大矢場廉弥=9月15日、福井県の敦賀市総合運動公園野球場

 秋の北信越地区高校野球福井県大会1回戦は9月15日、福井県内2会場で1回戦計5試合を実施。敦賀市総合運動公園野球場の第2試合は、第4シードの坂井が丹生を8―1(八回コールド)で下し2回戦に進出した。

 ⇒熱戦を充実の写真で振り返る「Web写真館」はこちら

丹生 000 000 10…1 011 030 12x…8 坂井

■丹生 伊藤秀太〓―宮下陸哉 ■坂井 大矢場廉弥―島田源大

〓組み合わせはこちら

 坂井は二回、大矢場が三塁打で出塁すると、高橋岳渡の犠飛で先制。三回には三好真育の中越え二塁打で1点を追加し2―0、五回には三好と大矢場の三塁打で計3点を挙げ引き離した。その後も、七回に1点、八回に2点追加しコールド勝ちを決めた。

 先発の大矢場は丹生打線に的を絞らせず好投。七回に1点を失ったが大きく崩れず、立て直した。

 丹生は5点をリードされた七回無死一、三塁、中橋久遠の遊ゴロ併殺の間に三塁走者が生還。1点を返したが反撃が遅すぎた。

 ■秋季県大会全試合を打席速報

 福井新聞社は、電子新聞「福井新聞D刊」の速報サイト「fast」で秋の高校野球福井県大会の全試合を打席ごとに速報する。プレー写真も更新し、携帯電話やパソコン、スマートフォンで試合の流れを楽しめる。

⇒全打席速報はこちら

 ホームページ「福井新聞ONLINE」ではイニング速報のみ公開する。

⇒イニング速報はこちら

 また「Web写真館」では熱戦の様子を掲載する。大量の写真を試合当日にアップ。球児たちの熱闘をとらえた写真の数々を閲覧できる。

⇒あの選手も!福井県内高校出身のプロ野球選手