終盤の猛攻で大勝 ブレーブスがポストシーズン進出決定

©MLB Advanced Media, LP.

【ブレーブス10-1ナショナルズ】@ナショナルズ・パーク

ブレーブスは、1点ビハインドで迎えた6回表にニック・マーケイキスのタイムリーで同点とし、続く7回表には3本のタイムリーで一挙4点を勝ち越し。その後も追加点を奪い、ナショナルズに10対1で大勝した。この結果、地区優勝へのマジックナンバーは「4」となり、今日の時点でポストシーズン進出が決定。6回4安打1失点の好投を見せた先発のマイク・フォルティネビッチは、今季7勝目(5敗)をマークした。一方のナショナルズは、先発のオースティン・ボースが6回途中まで4安打1失点の好投を見せたものの、リリーフ陣が総崩れ。2番手のワンダー・スエロが今季8敗目(5勝)を喫した。

初回にアンソニー・レンドンに先制タイムリーを浴びたフォルティネビッチは、序盤こそやや不安定なピッチングが目立ったものの、中盤以降は立ち直り、6回まで最少失点で乗り切る好投を披露。すると打線は、6回表にマーケイキスが同点タイムリーを放ち、7回表にはロナルド・アクーニャJr.の2点タイムリー二塁打、オジー・アルビーズのタイムリー二塁打、マーケイキスのタイムリーで勝ち越しに成功。8回表にアルビーズの犠牲フライなどで2点を追加し、9回表には代打オースティン・ライリーの2点タイムリー二塁打とダンズビー・スワンソンのタイムリーで2ケタ得点に到達した。投手陣は、フォルティネビッチのあと、ショーン・ニューカム、ルーク・ジャクソン、ジョシュ・トムリンが各1イニングを無失点。早ければ日本時間9月18日にも2年連続の地区優勝が決定する。