「スポーツ王」木梨ジャパンに成田凌が初参戦!! 石橋は松井秀喜と5度目の因縁対決

©株式会社東京ニュース通信社

テレビ朝日系では10月12日に、とんねるず(石橋貴明、木梨憲武)がスポーツ界の頂点に立つ強豪たちに真剣勝負を挑むスポーツバラエティー「とんねるずのスポーツ王は俺だ!!」(午後9:00)を放送することが決まった。

今回、石橋はおなじみのリアル野球BANで松井秀喜率いるチーム松井と5度目の対決。「リアル野球BAN 甲子園101回大会」と題し、昨年に引き続き石橋は母校の帝京高校、松井は星稜高校のユニフォームに身を包んで入場。夏の高校野球で星稜高校が惜しくも準優勝で幕を閉じたことを受け石橋が「今年は勝つと思っていたんだけどねぇ…」と言うと、星陵高校の奮闘は全部ネットで見ていたという松井が「後輩たちに負けないように頑張る!」と意気込みを見せる一幕も。

石橋が「もう5回目ですから、お互いのクセが分かっている中で、どう松井くんのパワーを封じ込めるかが勝負でした」と語ると、松井も「今回は…しびれる投手戦でしたね(笑)。いつもと違った面白さがあってよかったと思います」とコメント。白熱した戦いの結末は?

また、サッカー対決では、木梨率いる木梨ジャパンと日本代表チームが対決する。今回の木梨ジャパンにはサッカー歴12年の人気俳優・成田凌が初参戦。「ずっとこの番組を見ていて、いつか出たいと思っていたのでうれしい!」「今日はなんでもやります!」と気合十分の成田の活躍に注目が集まる。一方、木梨ジャパンに対抗する日本代表チームは乾貴士選手、宇佐美貴史選手のほか、ベルギーのプロリーグで活躍する小林祐希選手が初登場。ゴルフ対決の名物企画「浮島キャッチング」をサッカーで行うという新企画で激戦を繰り広げる。

木梨は「今回、この『スポーツ王』の『浮島PK対決』で日本代表と木梨ジャパン、全員の自由演技が一つになり、ステキな作品が仕上がりました。役者の成田くん、そしてアスリートの皆さんも、さすがプロですよね。代表選手、OB組、役者さん、そして僕というシニアが一つになった作品をぜひご覧ください!」とアピール。

初参戦の成田は「いつか『スポーツ王』に出たいと思っていたので、今回出演できて本当にうれしかったです。ずっと見ていた人と一緒に、ずっと見ていた番組に出られるってすごい…夢みたいです。日本代表の選手の皆さんと一緒にサッカーができるって、とんでもないことですよね」と感動。見どころについては、「普段、運動している姿をお見せする機会はあまりないんですが、今回はただアタフタしているだけの僕がそこにいます。むしろ見どころは、僕のひたすらにかっこ悪い姿だと思います(笑)」と話している。