八学光星コールド負け 秋季青森県高校野球が開幕

©株式会社デーリー東北新聞社

【八学光星―東義】6回東義2死一、二塁、9―3とリードを広げる北川響の右前打で、生還する二走古川翔馬(右)と、送球を受ける光星の中澤英明捕手=弘前はるか夢

 秋季青森県高校野球選手権大会は14日、弘前市はるか夢、青森県営、黒石市営の3球場で開幕した。初日ははるか夢で開会式を行った後、3球場で1回戦6試合を実施。県南勢はむつ工が百石にコールド勝ちし、2回戦に進出。昨秋の県大会、東北大会を制し、4季連続の甲子園出場を目指した八学光星は、東義に3―10でコールド負けを喫した。八戸、三沢商、八戸商も涙をのんだ。第2日の15日は、3球場で2回戦8試合を行う。

【全文】