ノーヒットノーラン!!

9/14 中日 3-0 阪神 (ナゴヤドーム)

©株式会社 サンテレビジョン

勝:大野
敗:望月

メッセのことも鳥谷のことも、チームの順位にも、毎日毎日心が乱されて、どうして、好きで見てるはずの野球にこんな思いをしなきゃならないんだって、怒ったりしてる。
でもね、球場を目にすると、謎の使命感に駆られるし、毎日野球があることに感謝の気持ちすら芽生えてしまう。
滅多に行けない球場での観戦はワクワクするし、タイガースファンよりドラゴンズファンがいっぱいいるのも新鮮だ。
理屈じゃなく、野球が好きだし、タイガースが好きだ。
好きは、負けなのだ。

さて。どうして前の日快勝した打線を、同じカード、同じ球場でガラリと替えてしまったのだろう???
もう愚痴ってるw

気付けば5回を終わってもヒットが1本も出ていない。毎回3人で攻撃が終わる。ずっとぼやいてた。
6回、梅野がようやくエラーで出塁。
7回、大山が四球で出塁。
ドラゴンズ大野雄大が許した走者はこの二人だけだ。
つまり、ノーヒットノーランの可能性がある。

ただ、タイガースも打てなかったが、ドラゴンズ打線だって、決して打てていたわけでもなかったのだ。
ノーノーの期待に膨らむナゴヤドームだったが、7回終わった時点で、隣のドラゴンズファンのおとうさんが、小さな息子さんに、話すのが聞こえてきた。
「大野わからんぞ。1本打たれたらガタガタっとくる。3点のリードなんて無いと思わないと。」

おとうさんどんだけwww
でも大丈夫、タイガース、その1本も打てない可能性の方が高いからw

考えてみれば、私は幸せ者だぞ。
ノーヒットノーランなんて偉業達成を、そのピッチャーのホームゲームで、見ることができるかもしれないのだ。生まれて初めてのことだし、しかもこの先、もうないかもしれない。
8回のタイガースの攻撃が終わったとき、球場からは割れるような歓声と拍手が起こった。
素直にこれには、一緒に大野を応援したいと思ってしまった。
大野雄大は、京都出身で、藤川球児に憧れたタイガースファンだ。背番号22は球児からきている。いつまでも関西弁を話す明るいムードメーカー。「同じ」タイガースファンの誇りだ。

9回表。近本の打球がサード高橋周平のグラブに収まったその瞬間、さっきの8回を上回る大歓声。

マウンドで、大野雄大が少年のように飛び跳ねている。
気付いたら私はずっと拍手をしてるじゃないか。まいっか。
素晴らしいピッチングだった。
大野!ノーヒットノーランおめでとう!

2年前に大きくなったこのビジョンが見たかったんですよ。
ノーノーのスコアと大野の笑顔もどうぞ(笑)

カメラにサイン。ノーヒットノーランって書いてる。裏返してご覧下さい(笑)

ドラゴンズブルーも綺麗だった。

家に帰って、録画していたサンテレビを見たら、よほどのことがない限り相手チームのヒーローインタビューを中継しないサンテレビが、大野雄大のお立ち台をノーカットで放送していた。
かっこいいエンディングこそなかったが、中継の終わりは大野雄大の笑顔だった。
やるじゃねーかサンテレビ(笑)
次は、タイガースのそういうの、やってもらおう。

打者3人にあっという間だった能見さん撮ったので貼っておきます。
50試合目の登板だった。40歳以上でのこの数字は岩瀬氏以来史上二人目の偉業。
どうでもいいって能見さん言うけど、ファンにとってはどうでもよくないことなんだぞ。
能見さん見てると色々救われるんだ。ありがとう。

[今日のマルテ]

爆笑の試合前マルテ声出し…までは良かったんだけどなぁ。