マーゴット・ロビーが「タンク・ガール」のリブート版に主演へ

©株式会社近代映画社

「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」のマーゴット・ロビーの製作プロダクション、ラッキーチャップ・エンターテインメントが、80年代の英国の人気コミック「タンク・ガール」の映画化権を取得。

監督は、マーゴットと新作サスペンス「ドリームランド」Dreamlandで組んだマイルズ・ジョリス・ペイラフィットで、マーゴットが主演する模様。今後の共演者のニュースに注目しよう。
原作コミックは、世界が砂漠化した近未来で、戦車の操縦者タンク・ガールと、飛行機エンジニアのジェット・ガール、無法者の仲間たちが、水や電力を独占する悪徳企業を倒そうとする痛快アクション。このコミックの映画化作には、95年にレーチェル・タラレー監督、ロリ・ペティー主演の「タンク・ガール」がある。