意外と簡単!元CAが伝授する美人度UP間違いなしのスカーフを使った"薔薇巻き”スタイル

©シーエーメディアエージェンシー/ハニーコミュニケーションズ

注目度アップ間違いなし!スカーフの"薔薇巻き"

「このスカーフ、どうやって巻いているの?」

薔薇巻きは、お客様からも質問をお受けすることの多い巻き方のひとつです。

確かに一見とても複雑で難しそう……。しかし、実際は驚くほど簡単にできてしまいます。

しかも、1度作った薔薇の形を崩すことなくスカーフを取り外しすることができるのです!

早速、そんな便利で注目度の高い薔薇巻きの方法をご紹介いたします。

 

美人度UP!"薔薇巻き”スタイルの手順

1. スカーフをダイヤ形になるように置き、左右にある2つの角を持ちます。

スカーフをダイヤ形になるように置き、左右にある2つの角を持ち

2. 固結びします。スカーフは輪ができた状態です。

固結びします。スカーフは輪ができた状態です。

3.固結びをしていない残り二つの角のうち、左にある角を持ちます。

固結びをしていない残り2つの角のうち、左にある角を持ち

4. 固結びしてできた輪に通します。

固結びしてできた輪に通します。

以下の写真のような感じです。

左端をある程度の長さ輪に通した状態で、今度は右の角も同様に輪に通します。

5. 左端をある程度の長さ輪に通した状態で、今度は右の角も同様に輪に通します。

輪にくぐらせた2つの端を持ち、固結びした部分をぐっと下にずらします

6.輪にくぐらせた二つの端を持ち、固結びした部分をぐっと下にずらします。

スカーフを使った薔薇巻き、完成までもう少し

さて、ここまできたら完成までもう少し!

 

 

"薔薇巻き"スタイルいよいよ完成!

7. ここでゴムをひとつ使います。

スカーフを使った薔薇巻きスタイルいよいよ完成へ

薔薇の形が崩れないようにここでしっかりとしばって固定させてしまいましょう!

薔薇の形が崩れないようにここでしっかりとしばって固定

8. 薔薇が顔の横に来るようにしてくびに巻いていきます。下写真のように、ねじるようにして巻いていくと仕上がりがきれいになります。

反対側で一度クロスさせ、スカーフの端を再度薔薇の方へ持っていきます

9. 反対側で一度クロスさせ、スカーフの端を再度薔薇の方へ持っていきます。

固結びをすれば、まるで薔薇の葉っぱのようになります

10. そこで固結びをすれば、まるで薔薇の葉っぱのようになります。

スカーフを使った薔薇巻きスタイルの完成です

これで完成です!

 

スカーフのアレンジの幅が広がる"薔薇巻き"

仕上がりを見るととても複雑に感じますが、ひとつひとつの手順はいたって簡単です。

顔元にふわっときれいに広がったスカーフがあると、それだけで見た目も気持ちも華やかになりますよね。

美人度UP間違いなしの薔薇巻き、皆様もぜひお試しください!