東北道で死亡事故 大型トラックの運転手、路肩でガードレールと自分の大型トラックに挟まれる/さいたま

©株式会社埼玉新聞社

大型トラックに挟まれ男性が死亡 さいたまの東北道

 16日午前11時55分ごろ、埼玉県さいたま市緑区寺山の東北自動車道上り線で、路肩に停車中の草加市北谷2丁目、パキスタン国籍で職業不詳アミジエド・アリさん(44)の大型トラックに、蓮田市の運転手男性(62)の中型トラックが追突。弾みで大型トラックが押し出され、車外にいたアリさんがガードレールの間に挟まれ、腹部などを強く打ち、搬送先の病院で死亡が確認された。

 県警高速隊によると、現場は岩槻-浦和の両インターチェンジ間。同隊は、けがをして入院中の運転手男性の回復を待って事情を聞く方針。同隊で事故原因を調べている。