「HIV感染を告げる必要ない」と札幌地裁

©一般社団法人共同通信社

 HIV内定取り消し訴訟で賠償を命じた札幌地裁判決は「感染する危険は無視できるほど小さく、男性が感染を告げる必要があったとは言えない。内定取り消しは違法」と判断した。