【ラ・リーガ】プジョルのバルサ復帰はなし? SD就任のオファーに未だ回答せず

©株式会社 LIVE SPORTS MEDIA

元スペイン代表DFカルレス・プジョル氏は、バルセロナからのスポーツディレクター就任のオファーを拒否しているようだ。

【ラ・リーガ】“闘将”プジョル氏がレアルからオファーがあった過去を明かす「私とロナウジーニョを欲しがっていた」

闘将プジョル氏はバルサの選手として通算593試合に出場し、ラ・リーガ6つ、コパ・デル・レイ3つ、そしてUEFAチャンピオンズリーグで3つのタイトルを獲得。スペイン代表でも2008EUROや2010FIFAワールドカップで優勝を成し遂げ、クラブや代表の歴史に名を刻んだ。ただ、スペイン紙『Mundo Deportivo』によると、プジョル氏はバルサからの幹部入りの申し出を断っているよう。バルサのジョゼップ・マリア・バルトメウ会長は、クラブでの豊富な経験と知識を活かして欲しいと41歳プジョルにSDの席を用意しているが、現時点で応じる構えは見せていないようだ。

プジョルがバルサ幹部入りを拒否か