3桁得点完封勝利!日体大に力を見せつけ開幕3連勝

©早稲田スポーツ新聞会

 前日までの涼しさから一転、厳しい暑さの中迎えた関東大学対抗戦(対抗戦)。開幕から2連勝している明大は日体大との第3戦に挑んだ。前半から攻めの姿勢をみせた明大は、トライを次々と成功させ、前半を54-0で折り返す。後半もその勢いは衰えず、試合終了間際まで得点を量産し続け、103-0でノーサイド。3桁得点、完封勝利という明大の圧倒的な力を見せつける試合となった。開幕から3連勝、この流れを維持し次戦でも輝かしい勝利を収めたい。

 日体大ボールからのキックオフで始まった前半戦。明大は試合序盤からボールを獲得すると、パスを華麗につなぎ敵陣へと攻めていく。しかし、トライ目前でなかなかあと一歩が決められない。もどかしい空気が漂う中、ついに明大に得点の瞬間がやってくる。前半7分、SH飯沼蓮からパスを受けたフッカー武井日向主将が体を押し込み、今試合初トライを挙げた。続くゴールもSO山沢京平が確実に決め、得点を重ねる。その後明大にノックオン、オフサイドなどの反則が続く場面も見られたが、それでも徐々に得点を積み重ねていく。さらに試合を勢いづけることとなったのが、前半36分。山沢からパスを受けたCTB森勇登が、行く手を阻む相手を軽快なステップで次々とかわし、グラウンディング。そこから波に乗った明大は、トライ、ゴールを何度も決めていき、前半を54-0で終えることとなった。

地元である栃木で開催された今試合で、先制トライを挙げた武井

 このまま流れに乗りたい明大。その勢いは後半戦も衰えることはなかった。後半3分、ロック箸本龍雅のゲインで一気に前進すると、そこからパスをつなげボールを維持する。そして山沢からのキックでパスを上手くつなぎ、WTB山﨑洋之がインゴールへ持ち込み得点。キックで敵をかわしつつパスをつなげるという明大の繊細さがみられたプレーであった。しかし明大が持つものは繊細さだけではない。日体大にボールを取られても、タックルで相手を進ませない力強さが試合の各所でうかがえた。相手の攻撃を阻み、決して得点を許さない。そのようなプレーから、明大の流れは最後まで途切れることなく、次々とパスをつないでは得点していく。後半38分では、日体大が落としたボールを明大が瞬時に拾い上げると、後半途中から出場したWTB松本純弥から森、さらにロック片倉康瑛へとパスを連携し見事トライ。その後のゴールもきっちりと決め、96-0とした。3桁勝利を目指したい明大であったが、試合終了時間も迫っている。しかしそこで諦めないのが明大。後半41分、スクラムからパスをつなぎ、松本が相手をかわすと、オフロードパスでフランカー山本龍亮にボールを託す。そしてそのままインゴールに飛び込み、103-0でノーサイドを迎えた。

コンバージョンキック14本を全て成功させる活躍を見せた山沢

 最後まで決して手を緩めることなく全力で戦い続けた明大。103-0という大差で、完封勝利を成し遂げた姿には、1800人の観客からも盛大な拍手が送られた。『focus on detail』というテーマ通り、細部まで丁寧にプレーすることで相手に隙を与えず、終始主導権を握った今試合。パスの連携の上手さや繊細なプレー、最後まで諦めない精神など、チーム一丸となって明大の強さを十分に引き出すことのできた試合だったといえるであろう。開幕3連勝を成し遂げた明大の輝かしい選手たち。残りの対抗戦でどのようなプレーを見せてくれるのか注目したい。

(記事 渡邉彩織 写真 黒田琴子、涌井統矢 )

関連記事

選手権連覇を狙う明治 聖地菅平での開幕戦で勝利!/関東大学対抗戦(9/01)
成蹊を下し連勝 21トライの猛攻を見せる/関東大学対抗戦(9/08)

関東大学対抗戦

明大 スコア 日体大

前半 後半 得点 前半 後半

8 7 T 0 0

7 7 G 0 0

0 0 P 0 0

0 0 D 0 0

54 49 計 0 0

103 合計 0

【得点】▽トライ 山﨑3、山沢2、森2、武井、矢野、飯沼、笹川、石井、松岡、片倉、山本  ▽ゴール 山沢(14G) 

※得点者は明大のみ記載

関東大学対抗戦Aグループ順位表(9月17日現在)

順位 チーム 試合 勝 分 負 得点 失点 得失 トライ

1 明大 3 3 0 0 301 38 263 45

1 早大 3 3 0 0 212 18 194 32

1 帝京大 3 3 0 0 217 44 173 33

2 慶大 3 2 0 1 150 20 130 22

3 筑波大 3 1 0 2 58 125 ‐67 9

4 日体大 2 0 0 3 40 230 ‐190 5

4 青学大 3 0 0 3 3+7 127+80 ‐124-73 1

4 成蹊大 3 0 0 3 19 293 ‐274 3

勝ち数の多い大学を上位とし、勝ち数が並んだ場合は同順位とする。

関東大学対抗戦Aグループ星取表(9月17日現在)

  帝京大 早大 慶大 明大 筑波大 青学大 日体大 成蹊大

帝京大 *

11/10 14:00

秩父宮

11/30 11:30

秩父宮

11/24 14:00

秩父宮

11/4 14:00

駒沢

◯80‐7

◯59‐30

◯78‐7

早大

11/10 14:00

秩父宮

11/23 14:00

秩父宮

12/1 14:00

秩父宮

◯52‐8

◯92‐0

◯68‐10

11/4 11:30

駒沢

慶大

11/30 11:30

秩父宮

11/23 14:00

秩父宮

11/10 11:30

秩父宮

●14‐17

◯35‐3

11/4 14:00

上柚木

◯101‐0

明大

11/24 14:00

秩父宮

12/1 14:00

秩父宮

11/10 11:30

秩父宮

◯59‐33

11/4 11:30

上柚木

◯103‐0

◯139‐5

筑波大

11/4 14:00

駒沢

●8‐52

◯17‐14

●33‐59

11/30 14:00

江戸川

11/24 14:00

敷島

11/10 14:00

熊谷B

青学大

●7‐80

●0‐92

●3‐35

11/4 11:30

上柚木

11/30 14:00

江戸川

11/10 11:30

熊谷B

11/24 11:30

敷島

日体大

●30‐59

●10‐68

11/4 14:00

上柚木

●0‐103

11/24 14:00

敷島

11/10 11:30

熊谷B

11/30 11:30

江戸川

成蹊大

●7‐78

11/4 11:30

駒沢

●0‐101

●5‐139

11/10 14:00

熊谷B

11/24 11:30

敷島

11/30 11:30

江戸川

※秩父宮は秩父宮ラグビー場、熊谷および熊谷Bは熊谷ラグビー場、帝京大Gは帝京大学百草園グラウンド、早大Gは早大上井草グラウンド、足利は足利市総合運動公園陸上競技場、江戸川は江戸川区陸上競技場、秋葉台は秋葉台公園球技場、明大Gは明大八幡山グラウンド、菅平は菅平サニアパークM/C、筑波大Gは筑波大つくばグラウンド、敷島は群馬県立敷島公園サッカー・ラグビー場、上柚木は上柚木公園陸上競技場、たつのこFは茨城たつのこフィールド、ケーズデンキはケーズデンキスタジアム水戸、大和は神奈川大和スポーツセンター競技場、駒沢は駒沢オリンピック公園陸上競技場。