アフガンで爆発、24人死亡

選挙集会、大統領は無事

©一般社団法人共同通信社

 【イスラマバード共同】アフガニスタンの首都カブール北方パルワン州で17日、ガニ大統領が参加して開かれていた大統領選の選挙集会の近くで爆発があった。ロイター通信によると、少なくとも市民ら24人が死亡、30人以上が負傷した。ガニ氏にけがはない。

 爆発は自爆犯が起こしたとみられているが、犯行声明は確認されていない。アフガンでは28日に大統領選が行われる予定で、出馬しているガニ氏は集会で演説することになっていた。大統領選を巡っては、反政府武装勢力タリバンが選挙集会や投票所への攻撃を示唆している。