トヨタ 新型カローラに速攻試乗|ハイブリッドと1.8リッターガソリンモデル、買いなのはどっち!?

©オートックワン株式会社

トヨタ 新型カローラ 1.8リッターガソリン[G-X(2WD)]

発売早々の新型カローラにどこよりも早く試乗したぞ!

トヨタの新型カローラが2019年9月17日に発表された。今回のフルモデルチェンジで12代目となる。車両の詳細についてはトヨタ 新型カローラ/カローラツーリング 新型車解説で述べているので、ここでは速攻試乗した印象をお伝えしたい。なおテストは一般公道ではなく、クローズドコースで行った。

<関連記事>

カローラスポーツに続き最新のTNGAプラットフォームを新採用し得たメリットとは

トヨタ 新型カローラツーリング[ハイブリッド S(2WD)]

従来型はヴィッツと共通のプラットフォームだった

今回試乗出来たのは、直列4気筒1.8リッターエンジンを搭載するカローラ(セダン)と、1.8リッターハイブリッドのカローラツーリング(ワゴン)であった。

両車に共通する第一印象は、乗り心地が従来型よりも重厚になったことだ。ボディは3ナンバーサイズに拡大された。開発のベースになったのは、2018年に先行発売されている5ドアハッチバックのカローラスポーツだ。TNGA(Toyota New Global Architecture)の考え方に基づく、比較的設計の新しいプラットフォームを使う。低速域では硬さを感じるが、バタバタした粗さは抑えた。乗り心地の向上には、従来型(カローラアクシオ/カローラフィールダー)に対し車両重量が200kgほど増えた影響もあるだろう。

従来型のプラットフォームはヴィッツと同じだから、乗り心地もコンパクトカーに近かったが、新型カローラでは向上した。この乗り心地の質感が12代目新型カローラの一番の特徴になる。

走行安定性が向上し「走るのが楽しいカローラ」へ

設計の新しいミドルサイズのプラットフォームを使ったことで、走行安定性も高まった。

ジグサグに切り返す場面では、ステアリング操作に対する車両の挙動が正確になった。操舵感の曖昧さが払拭され、ステアリングを回し始めた段階から、操舵角に応じて車両の向きが変わる。運転しやすく、車両との一体感も味わえるから、カローラに乗ることが楽しくなりそうだ。4輪の接地性が高いので、危険を避ける時も、安心して対処できるだろう。

新型カローラは緊急自動ブレーキなどの安全装備も充実しているが、車両の基本性能も高く、これが安全を確保する上で大切な要素になる。

1.8Lガソリンとハイブリッド、2種類のパワートレインの印象は

トヨタ 新型カローラ 1.8リッターハイブリッド
トヨタ 新型カローラ 1.2リッターターボ
トヨタ 新型カローラ 1.8リッターガソリンエンジン

1.8リッターガソリンエンジンは「古典的だが洗練された気持ち良さ」あり

動力性能はどうだろう。1.8リッターのノーマルエンジンは、2009年に発売された2代目ウィッシュにも搭載されており、基本設計は古い。その代わり熟成が進み、洗練された回り方をする。吹き上がりは直線的でクセがなく、排気量が1.8リッターだから、実用回転域の駆動力にも余裕がある。新型カローラでは6速MTを1.2リッターターボに組み合わせるが、1.8リッターでも気持ちの良い走りを味わえるだろう。

実用回転域の駆動力に余裕があるから、エンジンノイズは小さい。総じて上質な運転感覚に仕上げた。

プリウスなどでお馴染み1.8リッターハイブリッドは「滑らかで静か」

ツーリングで試乗したハイブリッドは、基本的にプリウスやカローラスポーツと同じユニットだ。駆動用リチウムイオン電池が充電された状態であれば、通常の発進はモーター駆動のみで行う。エンジンが始動しても、ノイズはあまり増えない。巡航中にアクセルペダルを踏み増した時は、モーター駆動の支援で速度を滑らかに高める。

新プラットフォーム化で車体は大きくなったが室内はむしろ狭くなった!?

室内の質感自体は大幅に向上したが後席は狭くなった

トヨタ 新型カローラセダンの後席空間をチェックする自動車評論家の渡辺 陽一郎さん

インパネ周辺の基本的なデザインは先行発売されるカローラスポーツと同様だが、各部を上質に仕上げた。前席は腰まわりのサポート性が良く、体重が加わる部分をしっかりと造り込んだから着座姿勢が乱れにくい。前輪の収まるホイールハウスとペダルの間隔を従来型よりも広げたので、ペダルの位置が右側に寄り、自然な感覚で踏めるようになったこともメリットだ。

従来型に比べると全高が25mm下がったこともあり、床と座面の間隔は少し減った。手足を伸ばし気味に運転する少しスポーティな姿勢になる。

そのために前席のスライド位置が後方へ寄り、プラットフォームの変更もあって、後席の足元空間は従来型よりも狭くなった。身長170cmの大人4名が乗車した時、従来型では後席の膝先空間は握りコブシ2つ分だったが、新型は1つ半だ。開発者は「前後席の間隔は、従来型に比べて30mm縮まった」という。後席も床と座面の間隔が減ったから、膝先空間が狭まった上に、腰が落ち込んで膝が持ち上がりやすい。

トヨタ カローラ/カローラツーリングをフルモデルチェンジ|カローラスポーツも一部改良 新型カローラ
トヨタ カローラ/カローラツーリングをフルモデルチェンジ|カローラスポーツも一部改良 新型カローラ
トヨタ カローラ/カローラツーリングをフルモデルチェンジ|カローラスポーツも一部改良 新型カローラツーリング

海外仕様車に対しホイールベースが60mm短縮し小回り性能を確保

海外で売られるカローラのセダンとワゴンは、ホイールベース(前輪と後輪の間隔)が2700mmで、後席にも相応の余裕がある。これに比べて日本仕様のセダンとワゴンは、前述のカローラスポーツをベースに開発されたから、ホイールベースは2640mmだ。カローラスポーツは5ドアハッチバックだから、後席の居住性はあまり追求されていない。日本仕様のセダンとワゴンは、これをベースにしたから、後席が少し窮屈になった経緯がある。

その代わり最小回転半径は5.3m(15インチタイヤのG-Xは5.0m)と従来型にほぼ同等とし、取りまわし性の悪化を抑えた。日本のカローラを3ナンバーサイズで造るために、開発者が苦心したことが伺える。

一部が継続販売される5ナンバーの従来型と3ナンバーの新型、新旧のカローラを徹底比較する

トヨタ カローラ/カローラツーリングをフルモデルチェンジ|カローラスポーツも一部改良 新型カローラ
2017年新車販売 トヨタ カローラアクシオ

このような新型カローラの特徴を把握すると、従来型カローラアクシオ/カローラフィールダーを主にビジネス需要に向け継続したことも理解できる(「EX」「ハイブリッドEX」)。従来型は5ナンバーサイズに収まるだけでなく、水平基調のボディにより側方と後方の視界も良い。特に斜め後方と真後ろは、従来型が抜群に見やすく、ボディの四隅も把握しやすい。狭い駐車場での車庫入れや縦列駐車も行いやすい。

さらに従来型のプラットフォームは空間効率が優れていたから、後席の膝先空間も広い。床と座面の高さにも余裕があり、コンパクトなセダン&ワゴンでありながら4名乗車時の快適性も高い。法人ユーザーでは5ナンバー車でないと購入できない場合があり、従来型のメリットも相応にあるのだ。

新旧モデル比なら新型カローラが断然オススメだが…

新旧カローラを比べると、新型は走行性能、乗り心地、衝突安全性、各種の安全&快適装備、運転支援機能を大幅に進化させた。従って新型の推奨度が高いが、従来型に比べて失われた良さもある。それは誰にでも運転しやすく、満足できるクルマをセダンとワゴンで選べたことだ。

新型カローラは価格も含めて優れた商品に成長したが、日本のユーザーに対する思いやりという意味で、一抹の寂しさもある。皆さんはどのように思われるだろうか。

[筆者:渡辺陽一郎/撮影:島村栄二・MOTA編集部・トヨタ自動車]

トヨタ 新型カローラ 1.8リッターガソリン[G-X(2WD)]