太田、67キロ級で五輪挑戦へ

レスリング63キロ級では世界一

©一般社団法人共同通信社

 【ヌルスルタン(カザフスタン)共同】レスリングの世界選手権男子グレコローマンスタイルで非五輪階級の63キロ級で世界一に輝いた太田忍は17日、国内で60キロ級代表を争った文田健一郎が東京五輪代表に決まったことを受け、今後は67キロ級で五輪に挑戦する意向を明らかにした。

 2016年リオデジャネイロ五輪男子グレコ59キロ級で銀メダルを獲得した太田は「東京五輪で金メダルを取る目標は変わっていない。それが67キロ級になっただけ。俺しかできない」と語った。

 日本勢はグレコ67キロ級で五輪出場枠を逃したため、12月の全日本選手権優勝者が五輪アジア予選などに出場する。