【部員が見る東大軟式野球2019秋⑤】早大に勝利し連敗抜け出す

©公益財団法人東京大学新聞社

軟式野球部秋季リーグ第5戦vs早稲田大学(9月11日)

東大 0 0 0 0 4 0 0 0 0 | 4

早大 2 0 0 1 0 0 0 0 0 | 3

開幕から4連敗を喫し、何としても今リーグ戦1勝目をあげたい東大は、ここまで安定した投球を続ける1年生左腕木村(理Ⅱ・1年)に先発のマウンドを託す。

試合は初回に動く。木村がいきなり先頭打者に二塁打を浴びると、送りバントの処理に手間取り無死一三塁のピンチを迎える。続く打者に適時打を浴び、東大は2点を先制される。

東大は三回、この試合で怪我からの復帰を果たした村田(理Ⅰ・2年)に二塁打が飛び出すが、スクイズの失敗もあり、得点には至らない。

四回には先頭打者の二塁打から、送りバントで一死一三塁のピンチを迎え、投ゴロの間に三塁走者の生還を許して1点を追加される。

3点を追いかける東大打線は直後の五回、先頭の川野輪(理Ⅰ・2年)に本塁打が飛び出すと、続く吉川(工・3年)が右安打で出塁、盗塁にも成功し無死二塁の好機を作る。二死二塁から木村に代打した青木(法・3年)が四球を選ぶと、代打信崎(文・3年)が中前適時打を放ち、1点差に詰め寄る。さらに好調の一番中谷(医・3年)に右前2点適時打が飛び出し、東大が一気に逆転に成功する。

(写真①:本塁打を放った川野輪(理Ⅰ・2年)) 写真は軟式野球部提供

五回から登板した小川(経・3年)は、三塁を踏ませない安定した投球をみせ、1点差を守りきった東大が4対3で勝利し、今リーグ戦初勝利をあげた。

(写真②:中継ぎし好投を見せ勝ち投手となった小川(経・3年)) 写真は軟式野球部提供。

秋季リーグ戦は二回の順延によりこの試合で折り返しを迎える。この1勝で勢いに乗り、後半戦も勝ち星を積み重ねていきたい。

文責:軟式野球部 小泉彰(文Ⅲ・2年)