表紙は「オランダ船」 朱印帳 発売 諏訪神社

©株式会社長崎新聞社

長崎くんちをモチーフにした(右から)朱印帳2種類とくんち限定の朱印、みこしのくんちストラップお守り=長崎市、諏訪神社

 長崎市上西山町の諏訪神社は、秋の大祭・長崎くんち(10月7~9日)がモチーフの朱印帳などを発売した。
 朱印帳は水色とオレンジの2種類。表紙に今年の踊町の一つ、江戸町が奉納する「オランダ船(せん)」を、裏表紙には神社拝殿をそれぞれあしらった。各千部ずつの限定販売で、同神社の朱印込みで1冊2千円。くんち期間中は朱墨で「神」と記した特別な朱印を2千枚限定で配布する。500円。
 このほか「くんちストラップお守り」で「おみこし」デザインを初めて製作した。神輿守(みこしもり)町やくんちファンから求める声が上がっていたという。1個千円。
 同神社祭儀部長の宮田文嗣さん(56)は「令和初の長崎くんちの記念に、観光客やくんちファンの方にも思い出として手にとってもらえたら」とPRしている。