ポンプ動かず続く断水、千葉

停電なお3万戸

©一般社団法人共同通信社

断水の続く千葉県君津市で、給水活動をする自衛隊員=18日

 台風15号で広域停電が続く千葉県では、19日になっても断水被害が解消されていない。断水は同日朝の時点で計約5千戸。地下や河川から水をくみ上げるポンプが停電により復旧しないことが主な要因で、各自治体は電源車や発電機を手配するなど対応に当たっているが、復旧は遅れている。

 停電は同日午前8時現在、約3万1千戸で続く。東京電力は27日までの復旧を目指して作業を進めている。

 県などによると、断水が多いのは君津市の約4千戸と、南房総市の約500戸。君津市など4市に給水する「かずさ水道広域連合企業団」は「停電解消後も生活用水として利用するまでには時間がかかる」とする。