防災ひとくちメモ

大阪府柏原市 広報かしわら令和元年8月号

©株式会社VOTE FOR

「寝室に寝転んで危険を探してみる」
寝ているときはとても無防備です。いつも寝ている場所から上方を眺めてみて、落ちてきそうなものなど何か危険と感じるものがあれば、取り除きましょう。寝室の危険を理解し、事前に対策をすることが重要です。
(1)地震の揺れで倒れそうな家具がないか確認。家具の配置を変更、家具を固定しましょう。
(2)行動を助ける必需品はいつも枕元へ。メガネや杖、携帯電話、抱っこひもなどは枕元に備えましょう。
(3)窓ガラスには飛散防止フィルムを貼りましょう。カーテンを閉めると、割れたガラスの飛散を抑える効果があります。