市原隼人主演「おいしい給食」クランクアップ。武田玲奈&佐藤大志「笑いをこらえるのが大変でした」

©株式会社東京ニュース通信社

テレビ神奈川(tvk)、TOKYO MX、BS12ほかで10月に順次スタートする連続ドラマ「おいしい給食」が、クランクアップした。同作は、給食マニアの教師・甘利田幸男(市原隼人)と、給食マニアの生徒・神野ゴウ(佐藤大志)による、どちらが給食を「おいしく食べるか」という闘いを描く学園グルメコメディー。1980年代のある中学校を舞台に、甘利田と彼を取り巻く子どもや大人たちのさまざまな人生模様が、食欲をそそる給食バトルとともに紡がれる。

撮影は、埼玉県にある学校で今年7月下旬にスタートし、夏休みシーズンに撮影。このほど、「われらが甘利田先生、市原隼人さん、全編(撮影)終了です」の掛け声とともに、共演の武田玲奈、佐藤大志、酒向芳、生徒たち、スタッフから盛大な拍手が起きる中、ラストカットを取り終えた市原は満面の笑みでオールアップを迎えた。

市原は「僕が演じた甘利田はさまざまな場面で給食と生徒、そして先生方や学校に助けられながら成長していきます。現場でも同様に、皆さん責任感が強く愛情のある共演者とスタッフの方たちばかりで、たくさん助けられました。本当に貴重な経験をさせていただきました」と万感の思いを口にした。

御園ひとみ役で、初めて教師を演じた武田は「市原さんとは初共演だったのですが、すてきな俳優さんでした!! 面白いお芝居をたくさん見せていただき、笑いをこらえるのが大変でした! どうやって考えられているのか不思議なくらいでした!」と脱帽。

佐藤は「約1カ月半の撮影を無事に終えられたのでほっとした気持ちでしたが、次の日には寂しくなって(劇中の舞台である)常節中学校にまた行きたいと思っていました」としんみりとするも、「撮影中は笑いをこらえるのが大変だったことが多かったです。甘利田先生と見つめ合うシーンで、笑うところではなかったのですが、お互いに笑ってしまって…。いつもみんな笑っていて、とても楽しい1カ月半を過ごしました」と充実した撮影期間を振り返った。