張本智和、シングルス初戦に臨む<アジア卓球選手権・5日目見どころ>

©株式会社ピンポン

写真:張本智和/提供:ittfworld

<ITTF-ATTUアジア卓球選手権大会 2019年9月15日~22日>

18日、大会4日目を迎えたアジア卓球選手権。この日、個人戦は混合ダブルスが準々決勝まで、女子シングルスと男子ダブルスの1回戦が行われた。また、男子団体の決勝までも行われた。

混合ダブルスは、戸上隼輔(9月世界ランキング142位・野田学園高校)/芝田沙季(同27位・ミキハウス)と宇田幸矢(同84位・JOCエリートアカデミー/大原学園)/加藤美優(同25位・日本ペイントホールディングス)がベスト8に進出するも、惜しくも準々決勝で両ペア敗れ、ベスト4とはならなかった。

男子ダブルスに登場したのは、吉村真晴(同60位・名古屋ダイハツ)/戸上隼輔(同192位・野田学園高校)だ。インドネシアペアに勝利して、19日に予定されている2回戦に進出した。

中国との準決勝に臨んだ男子団体は、張本智和(同5位・木下グループ)が善戦するも、マッチカウント0-3で敗れ、ベスト4となった。

大会5日目は、男女シングルス、男女ダブルスに日本選手が登場する。

男子見どころ

写真:吉村和弘/提供:ittfworld

シングルス

吉村真晴 – Doufesh Husam(パレスチナ)
神巧也– ALKHADRAWI ALI(サウジアラビア)
張本智和 – ALBALUSHI SALAH(アラブ首長国連邦)
宇田幸矢 – CHOWDHURY MANASH(バングラデシュ)
吉村和弘 – WISUTMAYTHANGKOON SUPANUT(タイ)

ダブルス

吉村真晴/戸上隼輔 – Adasa Japheth/Jacolo Ryan Rodney(フィリピン)
宇田幸矢/吉村和弘 – PASSARA PATTARATORN/PANAGITGUN YANAPONG(タイ)

男子は5選手がシングルス初戦に臨む。団体戦では中国に敗れベスト4に終わった日本男子だが、個人戦では上位進出を目指す。団体戦では張本智和が、サイチヤン・ガナナセカラン(インド)に、許昕(シュシン・中国)に敗れる結果となったが、シングルスでは力を発揮できるか。

女子見どころ

写真:石川佳純/提供:ittfworld

シングルス

加藤美優 – Norkulova Mekhriniso(ウズベキスタン)
石川佳純 – KIM NAM HAE(北朝鮮)
芝田沙季 – 鄭先知(ジェンシェンチー・チャイニーズタイペイ)
佐藤瞳– Madurangi Ishara(スリランカ)
平野美宇– Dael Emy Rose(フィリピン)

女子は18日に1回戦を勝ち上がった芝田沙季を含め、5選手がシングルス2回戦に登場する。2017年大会優勝の平野美宇が今大会も旋風を巻き起こせるか、期待が高まる。

文:ラリーズ編集部