国際交流室から一言 Vol.151

福井県越前町 広報えちぜん令和元年9月号

©株式会社VOTE FOR

A word from the international arena…

■外国人漁業研修生が越前町の魅力を体感
7月28日、外国人漁業研修生を対象に「越前町を楽しむ旅」と題して、交流イベントを実施しました。このイベントの目的は、漁業研修生に越前町の魅力を紹介することと、普段なかなか集まることのできない彼らに、交流の場を設けることです。
最初に、福井県陶芸館の学芸員から越前焼の歴史について教えてもらい、その後、窯元さんによる、越前焼の作陶工程も見学しました。熟練した職人の技を見た参加者は「すごい。人の手でこんなきれいなものが作れるのですね」と驚いていました。
最後に、参加者も陶芸体験に挑戦しました。みんな初めての経験でしたが、先生に教わりながら、茶碗や湯呑を作りました。ウサギのようなユニークな置物を作る人もいて「インドネシアにも焼物はありますが、自分で作ったのは初めて。とても楽しかった」という声がありました。
これからの越前町の漁業には欠かせない漁業研修生のみなさんに、越前町の魅力を伝え、越前町のことをもっと好きになってもらえるよう、今後もこのような取り組みを実施していく予定です。