新体操、皆川、大岩が個人決勝へ

世界選手権第4日

©一般社団法人共同通信社

個人予選 リボンの演技をする皆川夏穂。端の部分に結び目ができたため、ほとんどの技が認定されなかった=バクー(共同)

 【バクー共同】新体操の東京五輪予選を兼ねた世界選手権第4日は19日、バクーで個人予選の最終種目が行われ、計4種目のうち得点の高い3種目の合計で予選を争った個人総合で2016年リオデジャネイロ五輪代表の皆川夏穂が61.700点で14位、大岩千未来(以上イオン)が58.300点で23位となり、上位24人(各国地域・最大2人)による20日の決勝に進出した。

 リボンで皆川は結び目ができた影響で9.300点にとどまり、前日のクラブとともに上位8人(各国地域・最大2人)による種目別決勝を逃した。大岩は18.300点、喜田純鈴は14.450点で落選した。

個人予選 大岩千未来のリボン=バクー(共同)