楽天と西友、自動走行ロボで配送

サービス開始前に公開

©一般社団法人共同通信社

デモンストレーションで、注文した商品を受け取る利用者=19日午後、神奈川県横須賀市のうみかぜ公園

 楽天と西友は19日、神奈川県横須賀市の「うみかぜ公園」で、自動走行ロボットによる商品配送サービスのデモンストレーションを公開した。サービスは21日から10月27日までの土日限定で、公園内でバーベキューやピクニックなどを楽しむ利用者が対象。配送料は1回300円。

 利用者は専用アプリで、肉や野菜、飲料水など約400種類から欲しい商品を注文し、園内に6カ所ある受け取り地点の一つを指定。公園横にある西友の店員がロボットに商品を積み込むと、自動で目的地まで届けてくれる。

 楽天の安藤公二常務執行役員は「配送サービスの実施で、未来を感じていただきたい」と話した。