松岡昌宏「死役所」レギュラーキャストに黒島結菜、清原翔、松本まりか、でんでん

©株式会社東京ニュース通信社

テレビ東京系で10月16日からスタートする松岡昌宏主演の連続ドラマ「死役所」(水曜深夜0:12)に出演する豪華レギュラー陣が発表された。

同ドラマは、あずみきし氏の累計300万部(電子書籍含む)を超える大ベストセラー漫画「死役所」を初めて映像化するもの。この世を去った者たちが最初に訪れる、あの世の市役所ならぬ「シ役所」で働く職員・シ村(松岡)が、次から次へと現れる死者に「お客さまは仏さまです」といんぎん無礼な態度で対応しながら、死者の壮絶な生前の姿をあぶり出していく。

20歳の誕生日に急性アルコール中毒で亡くなった、天真らんまんな女子大生・三樹ミチルを演じるのは、大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)」や「アシガール」(ともにNHK)での熱演で注目を集めた若手女優・黒島結菜。黒島は「ただの『重い物語』ではなく、ちょっと『夢を見ているような世界』というような部分も純粋に楽しんでいただければ。また原作ファンの方にも楽しんでもらえるように頑張りたいと思います」と意気込む。

一見、チャラそうな今風な青年だが、出生に大きな秘密を抱え、苦しみ抜いた末に大事件を引き起こした、生活事故死課の職員・ハヤシ(林晴也)役に、連続テレビ小説「なつぞら」(NHK)での演技が光った、今最も勢いのある若手俳優・清原翔。清原は「『なつぞら』で演じた柴田照男役に比べると、ハヤシは僕の普段の話し方に似ていると思います。松岡さんの印象はズバリ、『男!!!』。今回初めて共演させていただくのですが、松岡さんの過去作品『ナースマン』(日本テレビ系)や『家政夫のミタゾノ』(テレビ朝日系)も拝見し、『バラエティー』と『ドラマ』の松岡さんはそれぞれすごく表情が違うので、ご一緒するのがすごく楽しみです」と喜びのコメント。

また、美人で仕事ができるが笑顔はなく口が悪い、生前は美容師だった自殺課の職員・ニシ川(西川実和子)役に、「ホリデイラブ」(テレビ朝日系)で最恐悪女を演じ、「奪い愛、夏」(AbemaTV)では、狂愛に翻弄されるヒロイン・空野杏役を好演中の松本まりか。松本は「私の演じるニシ川は、想像を絶する恐ろしい過去の持ち主。シ村さんと真逆で決して笑わないミステリアスで魅力的なキャラクター。私自身がニシ川のファンであり、もちろん原作のニシ川のファンの方もたくさんいらっしゃると思うので、『どう演じればいいのか?』という思いでプレッシャーに押し潰されそうになりました…その分とてもやりがいがあります」と役に挑む心構えを明かした。

そして、こわもてだが人情に厚く涙もろい「シ役所」の良心である、他殺課の職員・イシ間(石間徳治)役に、名バイプレーヤーとして活躍し、園子温監督映画「冷たい熱帯魚」での熱演も印象深いでんでん。イシ間は生前は妻に先立たれ子どももなかったため、姪・ミチを娘のようにかわいがっていたが、ある事件に巻き込まれてしまった過去を持つ。でんでんは「原作を読んだ時に涙がじわっと潤んで『これはぜひやりたい!』と。登場人物がとても個性的で、漫画から映像化ということで『漫画を超えられるようなお芝居をしたい!』と思いました。とにかく見てもらうしかない! 皆さんが待ち遠しいと思えるような作品になるように、スタッフ・キャスト一丸となって望めればと思っています」と心境を語っている。

松岡演じるシ村はミステリアスで強烈な魅力を持つ闇の深い主人公で、その貼り付いたような笑顔からは想像ができない壮絶な過去や冷徹な表情を時折見せるキャラクター。シ村を取り巻く職員たちも一筋縄ではいかない癖のある者たちばかり…実は「シ役所」の職員たちもまた隠された秘密がある。彼らはなぜ死後、この場所で働くことになったのか。そしてシ村の秘められた過去とは?