華為、グーグルアプリ設定できず

スマホ新機種、米禁輸で

©一般社団法人共同通信社

 【ロンドン共同】中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)は19日、ドイツ・ミュンヘンで高価格帯スマートフォンの新機種「Mate 30」シリーズの発表会を開いた。消費者向け端末事業の責任者は、米国の禁輸措置の影響で米グーグルの正規のアプリサービスを設定できず、独自対応を迫られたと説明。トランプ米政権の圧力が主力のスマホ事業の展開にも響いた形だ。

 新機種は高速大容量の第5世代(5G)移動通信システムに対応。6.5インチ前後の大きさで、端末の両脇にも広がる湾曲したディスプレーが特徴だ。