負けても愛らしい泣き相撲 花巻・三熊野神社

©株式会社岩手日報社

泣き相撲で対戦する子どもたち

 花巻市東和町北成島の三熊野神社(小原明宮司)の特殊神事、十二番角力(すもう)式(泣き相撲本場所)は19日、同神社で行われ、子どもたちの健やかな成長を祈願した。

 地元の北成島、南成島に縁のある満1歳男児12人が北と南に分かれて土俵入り。親方に抱かれ「ヨォ、ヨォ」と掛け声で顔を合わせて対戦した。

 「もらい泣き」「眠り勝ち」「泣きっぱなし」などの決まり手で勝敗が決まったり引き分けになったりした。子どもたちは大泣きしたりにこにこした表情を見せ、地域住民らから温かい拍手が送られた。