「リレー・フォー・ライフ・ジャパン2019京都」、9月28、29日開催 がん患者支援とがん制圧目指すチャリティーイベント、京都薬科大で

©株式会社共同通信社

がん患者とその家族を支援し、がん征圧を目指すチャリティーイベント「リレー・フォー・ライフ・ジャパン2019京都」が9月28日午後2時から29日午前9時にかけて、京都薬科大学(京都市)で開催される。主催は日本対がん協会など。

今年のテーマは、「Shake Hands〜つなごう命〜愛と笑顔で」。がん患者とその家族、支援者が交代で夜通し歩く「夜通しウォーク」や、がんサバイバー(がん患者・経験者)との語り合いなどを通して、がん征圧を願い、がんと向き合う人との絆を深めることを目的にしている。

京都府でのイベント開催は2011年から始まり、今年で9年目。京都薬科大学は、がん治療薬やがん薬物療法などがんに関する研究・教育活動を行っていることから、17年から会場や施設を提供している。今年は学生ボランティア約15人が参画し、ウォークをチアダンスで応援したり、がんに関する講演会を開催したりする。また、メッセージを書いた紙袋をキャンドルで照らすルミナリエセレモニーや、ブースの出展も予定している。

参加費は500円(大学院生以下とがんサバイバーは無料)。事前申し込みは不要。

・URL: https://relayforlife.jp/kyoto/