「自分はスケートを滑り続けたい」髙橋大輔選手を総力大特集! 華麗なる氷上絵巻のフォトリポート&独占最新インタビュー

©株式会社東京ニュース通信社

日本男子フィギュアスケートの魅力をお届けしている「KISS&CRY」シリーズから、アイスショーの魅力を凝縮した特別別冊「Dance! Dance!! Dance!!!」の最新号「TVガイド特別編集 別冊 KISS&CRY 氷上の美しき勇者たち Dance! Dance!! Dance!!! 2019月影の君~来舞(LIVE)、いのち灯(も)やして~(表紙・巻頭特集/髙橋大輔選手)(KISS&CRYシリーズVol.29)」が発売された。今号では、アイスショー「氷艶 hyoen2019-月光かりの如く-」で主演を務めた髙橋大輔選手を総力大特集。

「フィギュアスケートを通じて、日本文化を伝える艶やかな舞台を創っていきたい」という思いから生まれた「氷艶」。「源氏物語」をモチーフにした「氷艶 hyoen2019-月光かりの如く-」では、髙橋が主演を務め、磨き上げられたスケーティング、鋭い殺陣さばき、心に届く歌声と持ち前の表現力で、光源氏を圧倒的な存在感で演じ切った。ステファン・ランビエールや荒川静香らトップスケーターたちと、柚希礼音や平原綾香ら豪華俳優陣が紡いだ華麗なる氷上絵巻から、印象的なシーンを振り返る。

さらに「フレンズ オン アイス2019」のスペシャルフォトリポートや、この夏に全国各地で行われたイベントにも密着。独占撮り下ろし最新スペシャルロングインタビューで、髙橋は「氷艶 hyoen2019~」から現役復帰2シーズン目を迎え、“キャリア史上最高峰”といえるハードな新プログラム「The Phoenix」について、その見どころや意気込み、さらに「自分はスケートを滑り続けたい。滑る仕事を続けていきたいですね」とフィギュアスケートへの熱い思いを語っている。

そのほか、宇野昌磨選手ほか“五銃士”をフィーチャーした「THE ICE 2019」のフォトリポート、町田樹が出席した「日本氷上スポーツ学会・第1回研究大会」詳細リポートも。日本選手たちにエールをおくるフィギュアスケートファン必携の1冊だ。