犬猫の殺処分ゼロ 実現願いパネル展 長崎県庁

©株式会社長崎新聞社

動物愛護週間に合わせて始まった「小さないのち」パネル展=県庁

 動物愛護週間(20~26日)に合わせて、野良猫の不妊去勢や地域猫活動などを啓発する「小さないのち」パネル展が県庁で開かれている。27日まで。
 大村市の動物愛護団体、大村純忠まちねこ隊(山石美保子代表理事)主催。公益財団法人どうぶつ基金の「いのちつないだ ワンニャン写真・動画コンテスト2018」に出展された写真のパネルなど約50点を展示し、犬猫の殺処分ゼロなどを呼び掛けている。
 山石代表理事は「県内の殺処分のほとんどは子猫。保護された犬や猫を引き取ることで、助かる命があることを多くの人に知ってほしい」と話した。