三菱商事、不正取引で340億円損失か

©一般社団法人共同通信社

 三菱商事は20日、シンガポールの子会社で、社内規定に違反したデリバティブ(金融派生商品)取引により約340億円の損失が発生する見込みだと発表した。中国籍の30代男性社員が不正な取引を繰り返し、損失を拡大させたことが原因という。