石川の2信金が合併合意

北陸信金と鶴来信金、来年9月

©一般社団法人共同通信社

対等合併の合意を発表し、握手を交わす北陸信用金庫の石田雅裕理事長(右)と鶴来信用金庫の玉井重治理事長=20日午後、金沢市

 石川県を地盤とする北陸信用金庫(金沢市)と鶴来信用金庫(白山市)は20日、来年9月をめどに対等合併することで合意したと発表した。超低金利の長期化や、人口減少で経営環境が厳しさを増す中、合併による規模拡大で収益体質を強化し、中小企業への円滑な資金供給を図る。

 両信金で抱える計25店舗を有効活用し顧客の利便性向上を図る。距離が近い店舗については集約も検討する。

 合併後は現在の北陸信金を存続させ、理事長に石田氏、副理事長に玉井氏がそれぞれ就く。新しい名称は今年10月に発足させる合併準備委員会で協議して決定。職員の雇用は引き続き維持する。