アルゼンチンと仏が前日会見

W杯「死のC組」、注目の一戦

©一般社団法人共同通信社

記者会見するアルゼンチンのフェルナンデスロベ・アシスタントコーチ(中央)、デラフエンテ(右)ら=20日、東京都内

 ラグビーのワールドカップ(W杯)1次リーグC組初戦で当たるアルゼンチンとフランスの試合前日会見が20日、東京都内で開かれ、前回4強のメンバーだったアルゼンチンのフェルナンデスロベ・アシスタントコーチは「勝利を収めてスタートすることが最善だ。全ての試合に勝つ」と語った。

 「死の組」と呼ばれる激戦のC組で、強豪同士がいきなりぶつかる注目の一戦。SOヌタマックら先発ハーフ団に若手を並べたフランスの起用に対し、CTBデラフエンテは「リズムをつくる9番と10番にプレスをかければ、突破口が見える」と攻略法を明かした。

 フランスは東京都内で行った練習を一部公開した。

記者会見するフランス代表のギラド主将=20日、東京都内