豚コレラワクチン接種へ 県内農家終息を期待

©株式会社宮崎日日新聞社

 江藤拓農相が豚コレラ対策として、養豚場の豚へのワクチン接種を認める方針を表明した20日、県内の養豚農家には「ウイルスの封じ込めにつながる」と、一刻も早い終息への期待が広がった。一方で、農林水産省の対応が後手に回ったことに対する不満や、豚肉の輸出への影響を心配する声も上がっている。