暴露サイト「フットボールリークス」のハッカー、147の罪で起訴

©株式会社コリー

フットボール界の裏事情を暴露してきた『フットボール・リークス』。

同サイトの創設者とされるポルトガル人ハッカー(クラッカー)、ルイ・ピント氏だ。同氏は今年1月にハンガリーで逮捕され、その後ポルトガルに移送された。

『BBC』によれば、彼は不正アクセスや恐喝未遂など147の罪で起訴されたという。

本人は自分の行為は公共の利益に当たるとして、裁判を受けるべきではないと主張。弁護士も「欧州における非常に重要な内部告発者」だと述べているそう。

地元メディアではピント氏を「コンピューターの天才」として伝えているとか。