クロップ「チェルシーを見ているとドルトムントを思い出す」

©フットボール・トライブ株式会社

チェルシー 写真提供: Gettyimages

リバプールのユルゲン・クロップ監督は、現在のチェルシーを見て自身が指揮をしていた時のボルシア・ドルトムントを思い出すようだ。20日、英メディア『スカイ・スポーツ』が報じている。

クロップ監督は、当時若手選手だったレアル・サラゴサの日本代表MF香川真司やバイエルン・ミュンヘンのポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキなどを起用してブンデスリーガを連覇していた。そして、現在のチェルシーが当時のことを思い出させるようだ。

チェルシーのフランク・ランパード監督は、ユース出身であるイングランド代表FWタミー・アブラハムやイングランド代表MFメイソン・マウントなどの若手選手をシーズン開始から積極的に起用している。

クロップ監督は「チェルシーはとてもエキサイティングなチームだね。私が指揮をしていたころの若かりしドルトムントを思い出すよ。今のチェルシーは、当時のドルトムントより若いかもしれないね。特にマウントとアブラハムは、6000万ポンド級のプレイヤーだよ」

両チームは、日曜日のプレミアリーグで今シーズン2度目の対決をする。今回はどちらに軍配があがるだろうか。