【KNOCK OUT×REBELS】ぱんちゃん璃奈が5戦目の原点回帰宣言「冒険した試合を」=公開練習

©株式会社ヨシクラデザイン

ぱんちゃん(右)はリズムよく右ミドルを栗秋へ打ち込んでいく

 10月4日(金)東京・後楽園ホールにて開催される『KNOCK OUT×REBELS』の出場選手が21日、都内にて公開練習に臨んだ。

 本大会に出場し、J-GIRLSピン級王者・MIREY(HIDE GYM)と対戦するぱんちゃん璃奈(25=STRUGGLE)が公開練習に登場。10月6日(日)の『REBELS.63×KNOCK OUT』に出場する栗秋祥梧(24=クロスポイント吉祥寺)と2分1Rのスパーリングを実施。体格の良い栗秋へスピードの乗ったテンポ良い右ミドルを打ち込み、見学に集まった一般客からどよめきが起こった。

MIREY戦のカギは「先に当てちゃえばパンチも届かない」と長い脚の蹴りにあるとみるぱんちゃん

 スパー後には「なんで栗秋選手とやるのかなと思っていた」と、性別も体重も違う栗秋とのスパーを2度断ったことを暴露。実際のスパーでは「(栗秋は)優しかったです」と栗秋の紳士的なふるまいを賞賛した。

 ぱんちゃんは前回、8月のKNOCK OUTで祥子(JSKキックボクシングジム)と対戦。祥子のパンチで鼻血を出しながらも果敢に打ち合い僅差の判定で勝利、デビューから4戦全勝となった。「3戦目、4戦目といい試合ができていない」と、今年6月のパク・シウ戦、8月の祥子戦を振り返り内容を反省。4月に臨んだSae_KMG戦は理想の動きができていたとし、「2戦目の時が一番いい動きができていので、(同じように)冒険した試合をしたいと思っています」と基本姿勢に立ち戻る宣言。「勝ちだけに徹さず、得意な蹴り技を使っていきたい」と持ち味を生かす試合を目指す姿勢だ。

スパーをした栗秋とツーショットのぱんちゃん(右)「冒険した試合をしたい」と原点回帰

 今回の相手はいよいよタイトルホルダーとの対戦。パンチのラッシュを得意とするJ-GIRLSピン級王者・MIREYとの一戦には「先に蹴りを当てちゃえばパンチも届かないと思うので大丈夫」と距離の長い蹴り技で勝負を宣言。待望の初KO勝利については「狙うと力んじゃう。いいのが入れば倒せるパワーもついてきてるので、狙わずに倒したい」と自然体で臨む構えを見せた。

☆10.4 KNOCKOUT×REBELS 全試合順・対戦カード、イベント情報はこちら